ゆとりの資格取得への道

ゆとりの資格取得への道

ゆとりメンタル全開の自分でも出来る勉強法で資格を取得していきます。

5,10分でも空いた時間に勉強するということ

現在、私はビジネス実務検定2級合格に向け勉強しています。

が、今は自分がかれこれ1年半ほどドハマりしている
艦隊これくしょん~艦これ~」
というゲームが春イベント真っ最中なのです。
とてもじゃありませんが、まとまった勉強時間は取れません。
自分は人生の主目的をこのゲームに置いている(!?)ので、勉強のためにプレイ時間を減らすということはあってはならないことなのです。

ではどうしているのか、ということが今回の記事テーマです。

 まあ結論としては、記事タイトルの通りなんですが。。

少しゲームシステムの話になりますが、艦これというゲームは一度ステージに出るとキャラクタたちに疲労がたまります。
母港(ホーム画面?)に戻ってきてすぐまた出撃することも出来ますが、疲労が溜まった状態だとキャラクターたちが万全の状態で戦えないわけです。
疲労が抜けるまで、10分~20分ほど待機しなければなりません。

その時間が勉強のチャンスとなるわけです。

この10~20分の間に、先の記事でご紹介した通り一問一答を使い計画通りに単元を進めていきます。
3、4問程度こなしたところで出撃可能な状態になるため、また出撃する。
出撃が終わったら、また一問一答を進める。
この繰り返しです。
しかも出撃中は大してすることがないので、なんとなく学習した内容を思い起こしながらプレイしています。
想起時間をとることも、記憶定着的にかなり重要です。

とにかく休日は1日中艦これをやっているので、この勉強スタイルをとることで
1日中勉強しているといっても過言ではないのです。
まあこの勉強スタイルを取るために、テキストではなく一問一答で勉強しなければいけなくなるのですがまあそれはね。

人間は精神に負担がかかることは15分~20分が限界らしいので、
皆さんにも
・ソシャゲのスタミナ回復待ち時間
・電車の待ち時間
・TVのCM中
など隙を見つけて勉強するスタイル、是非どうぞ!

 

休日は友人家族恋人と遊ぶ?そんなやつは知らん。

 

 

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)